Google_Workspace_Business_Starter

メールが来た。

「yawuge.com」はこのブログでも使っているドメインだ。

Googleの個人向け無料サービスを使っていたはずなんだけど、いつの間にか有料サービスになるようだ。

有料で使い続ける必要はないのでこのまま解約になってもかまわないのだけれど、放置していて大丈夫なのか心配になった。管理者ヘルプによると

無料試用期間(14 日間)中の解約

試用期間中に Google Workspace サブスクリプションを解約することが可能で、その場合はご請求が行われません。また、次に該当する場合は、ご利用中のサブスクリプションが試用期間の終了をもって自動解約されます。

・試用期間の開始後 9 日以内にドメインの所有権が証明されていない。

・試用期間の終了までにお支払い情報が設定されていない。

という記述があった。なので、このまま支払情報の登録とかキャンセルしているので、放置で良いだろう。

しかし、無料サービスがいつのまにか有料になるというのは困る。周知期間は設定されているのだろうが、メールもDMに埋もれがちで中々気づかなかったりする。

アカウントはもう一つある。というのも、20年以上前だったか、Gmailでの追加登録を促されたことがあった。サービスを継続するのに必要とか良くわからない理由のまま作成したのだが、結局今は2つのアカウントが存在している。

もう一つの「ex@gmail.com」というアドレス宛には、有料化のメールは来ていないようだ。昔会社からもらったアカウントも存在しているが、メールはもう何年も更新されず、アカウントだけの存在のようだ。

これら3っつのアカウントは、今後それぞれどうなるのだろう?

ところで、アカウントIDは登録当時にはメールアドレスではなかった。連絡用メールアドレスは別途登録していた。そして、いつだったか、連絡用メールアドレスがIDにとってかわったのだ。

これは、アマゾンでもあった。

その弊害というか、アマゾンでは一般の販売サービス用のアカウントとアフィリエイトサービス用アカウントの2つが統合された際、連絡用メールアドレスが同じだったので、同じメールアドレスのIDでありながらパスワードの違いで別アカウントとして存在するという変な事が起きた。

その後、片方のアカウントにはアクセスできなくなった。しかたないので、アクセス出来るアカウントのメールアドレスを変更した。つまり、IDも新しいメールアドレスに変更になった。これで2つのアカウントを分離できた。

この方法に気づくまで、何度もアマゾンサポートとメールでやり取りしたのだが、とくに有用なコメントはもらえなかったのが不思議だった。当時の私は、サポートとは顧客の疑問を解決するのが仕事だと思っていたので、専属担当という担当者が毎回変更したり、日本語が変な回答が多かったのが不思議だった。当時「顧客満足度」という言葉は一般的ではなく、あまりはやっていなかったように思う。

そして、アップルアカウントだ。登録時はメールアドレスを登録しているのだが、連絡用メールアドレスも登録している。ただ、二重認証はアカウントのアドレスに紐づけられたデバイスにコードが送られてくる。

アップルのアカウントもなぜか2つが存在している。これは、iPhoneを購入した時、パスワードを覚えていなかったので、店員の勧めに従って、新しいアカウントを作成した為だ。

一応、ファミリーにはしてあるのだが、古いアカウントで昔に購入したアイテムは、管理者とした新しいアカウントでは見えないのが疑問だ。

昔昔とうるさいとは思うが、昔は上位互換が当たり前だった。今はバージョンアップしないと使えなくなるのが普通となってしまった。

iOS10以降のバージョンアップが出来ないiPad2では、ブラウザすらまともに動かないページが多い。常に新品を購入し続けなければ、今のITにはついていけないわけだ。企業からすれば便利というか有利な仕組みだ。なんだかなぁ。

中東に雪

スルタン パシャ アル アトラシュの霊廟

エルサレムの北東へ100km程にある、シリアのAl Qrayyaという町に建つ霊廟の雪景色です。32°32’36″N 36°35’55″E 北緯32度。九州の宮崎県と同じ位の緯度です。標高が1050mくらいなので、雪も珍しくないとは思いますが、私の中東のイメージは砂漠で暑いなので雪景色は意外でした。

霊廟(お墓)の主はシリアの独立の英雄で、1891-1982、近代~現代における激動期の人でした。

ここから北東へさらに50kmほど行くと、火山活動の火口や噴気孔などがみられ、石組みなのでしょうか、円状の構造物が多くみられます。ストリートビューがあまり無い地域なので写真で確認できないのが残念です。

GIRO_D’ITALIA_2022

ジロ・デ・イタリア2022、今日は第6ステージ。

今年はハンガリースタート。その後シチリア島へ移動し、今日からイタリア本土でのレースです。

ジロに限りませんが、レースのコースをGoogleEarthにプロットし、ストビューとかGoogleMapの店舗情報とか探りながら旅行気分を味わってます。

今日は第8ステージのナポリ市内のコースをプロジェクトに追加してました。

ジロのコースマップは粗いので、具体的な道はよくわからないので、大体です。

ステージ1~8までのKMLファイルはこちらです。(アバウトすぎるし、間違っているかもです。)

ナポリといえばナポリタン。(←間違ってますが、まあどうでもいいでしょう。)

早速、レストランをチェック。

La Masardona ナポリ中央駅南のお店。ピザ店と表示されてました。

料理写真を見ると、何か変。

なんでも、揚げピザのお店だそうです。

メニューにdi Napoli e Montanaraの文字があるので検索。

Montanara napoletana モンタナラナポレターナ:ナポリの揚げピザ(引用元

揚げピザは、元々は屋台で出されていたものらしいです。

テイクアウトメニューかな。屋台っぽいかも。

このあたりはピザ店が多いです。

Pizzeria Porzio ピザ店です。写真付きのメニューが載ってました。

トマトとルッコラとブラータ(モッツァレラチーズ)? 8ユーロは1068円(133.5円/ユーロ)。

Mimì alla Ferrovia レストラン。Mimiは初代店長の呼び名らしい。駅前だからこの名前?

駅から600mほど。駅前広場(ジョゼッペ・ガルバルディ広場)がでかすぎです。その広場を過ぎ、路地に面した素朴なお店のようです。入口に色んなシールが貼ってあるところが、なんか安心します。ウーバーとかのシールもあるのかな?ピザが無いレストランじゃ、デリバリーは無いかな。

茄子の棘

数日前の事だが、不用意に茄子のヘタを触って、右人差し指にトゲが刺さった。

そのおかげで、その部分に何かが触れると痛い。

ニッパータイプの爪切りの先端で皮膚をエグッてトゲを除去したはずなのだが・・・

今は、皮膚をエグッた跡が痛いのか、トゲがまだ残っているのかは不明。

指をこすり合わせても刺すような痛みは無いので、トゲは取れたとは思う。

コロナワクチン3回目接種

昨日、接種会場にて受けてきました。

今回はモデルナ、初めてです。

注射跡がまだ痛いです。腕を上げると痛みます。じっとしていても重い感じ。

体の節々が痛いというかだるいというか。風邪で発熱した後の、なんともだるい感じでしょうか。発熱はしなかったようですが、寝ている時に出ていたのかも。

過去2回のワクチン接種では、後遺症は皆無でしたが、今回は少しつらいです。

後、天候悪化の予報のせいか、胸の傷、特に背中側がうずきます。これは、コロナ関係ないですが、これも鬱陶しいです。


ワクチン接種の後、保険屋さんから電話があり、後遺障害認定が降りたと連絡がありました。10級だそうです。これでやっと事故の賠償手続きが進むでしょう。

しかし、10級か。11級に「脊柱に変形を残すもの」とある。私の場合は2箇所。すべり症と圧縮骨折跡。身長が1cm以上縮んだ。

また、11級には「胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの」とある。胸の傷跡がこれにあたるようだが、先生いわく、時間はかかるが回復する症状らしいので、対象外かな。

配達は再開したのだが、どうも背中の痛みが続いている。これが後遺障害なのだろう。1月末には、痛みで朝から昼前まで起き上がれなかった事があった。息苦しさも有り救急車呼びたかったが、携帯は手元にないし、痛みで動けないし、で、とにかくじっとしていたら痛みはひいた。

バイクの振動のせいかと思い、今は自転車利用に切り替えたが、今度は体力的に・・・困ったね。

後遺障害認定の為に、診断書を診療科毎にもらって提出している。整形外科と呼吸器外科だ。それぞれ税込みで4400円が2通。この費用は、後遺障害が認められないと自己負担なんだそうだ。なんか解せん。今回、両方の費用は保険会社が出してくれるそうだ。

事故直後、入院中に物損分の賠償は済ませられてある。バイクや着衣、スマホや装備品などで、入手価格のリストを提出。過失0でも、賠償額は50%だという。

結果的には、全て失い、もらった現金は30万円ほどだった。バイクのローン残は保険会社側が持ってくれた。残骸の処理費用も保険会社持ち。(レッカー会社からは残骸を1万円で買ってくれると申し出があったが、面倒そうなので全て保険会社にまかせた。自分で動くのは痛かったし。)

バイクのローン支払い済が23万円あった。スマホは3万円が認められた。ちょうど高騰している機種だったせいか、購入価格の100%に近い金額だった。シムが生きていたので、旧機種ですぐに再開できたのは僥倖だった。他の装備に関しては4万円の賠償額。もっと細かく賠償請求すべきだったと思う。せめて購入価格ではなく、再取得価格にすべきだったし、バイクの整備費用、タイヤ交換したばかりだった、も遠慮せずにリストに加えるべきだった。(領収書とか痛む体で探したり交渉したくなかった。)

事故から14ヶ月経過した。来月末までには今回の事故関連の手続きは完了、して欲しいな。いつまでも引きずりたくないものだ。

2022_Saudi_Tour

サウジアラビアで行われた自転車レースです。

公式HP

右図はルートを大まかにですがGoogle earthにプロットしました。(KMLファイル

砂漠のイメージしかないので、なんとなく滑りそうかなと思ってましたが、道路は真っ黒のアスファルト舗装のようで、周りの岩砂漠とのコントラストが奇妙に感じました

左はGoogleMapからアルウラ旧市街付近の遠望です。平原をイメージしてましたが山多いです。右は公式HPステージ4の掲載写真からです。路面の黒さ際立ってます。


旧市街にあるレストラン、「ACME」。ハンバーガーもありました。

お店のHPによると、真ん中の旗が立っているのは「ホーキングフライドポテト」というメニューらしいです。フライドポテト、肉層、ハラペーニョの層が重なっていて1550カロリーで39リヤル。1リヤルは30円くらいなので1200円くらい。

ハンバーガーは見た目、上面にツヤがあるので、「オールドファッション」でしょうか。チェダーチーズ、レタス、トマト、ピクルス、肉120グラムで820カロリ、41リヤル。

手前の右側の揚げ物は「ダイナマイト・シャルマブ6個入」エビのスパイシーなソースのフライ。1010カロリ、41リヤル。

三角フラスコみたいなグラスのジュースは「オレンジジュース」180カロリ19リヤル。

奥の丸い球体は翻訳だと「マックとチェイス」で、「パスタとチーズが豊富な3つのクリスピー、独特の部分」だそうです。490カロリ44リアル。

サラダは「シーザーサラダ」750カロリ33リヤル。

二次元バーコードが見えてますが、なんでしょうね。

近くのリゾートホテル「Al Maha Resort」の部屋です。

畳に座椅子って感じでしょうか。和室ならぬサウジ部屋?

レストランの写真を見ていると、テーブル席もあるけれど、ネットカフェのような背の低い壁で区切られたスペースの個室もあるようです。

個室の入口に靴が脱ぎ捨てられているのを見ると、靴は脱いで入るようです。スペースの割に靴が多いように思うけど、中はぎっしり人が詰まっているのでしょうか。

カーペットの上にプラフィルムのような物が敷いてあり、その上に皿が置いてあります。他のお店では、背の低い座卓のようなテーブルを使っている所もありました。お店によるのでしょう。

スプーンのようなものが2本刺さってますが、二人分がお盆に乗っているのでしょうか。ツッツキ合って食べるのでしょうか。彼女とかとなら良いけどむさ苦しい相手とはなんか嫌ですね。

上は「مطعم نبك العلا」というレストランです。翻訳ソフトだと「ナベックアルオラレストラン」音声合成では「またーもなっけろーら」と聞こえます。

食事風景の写真を探しました。カーペットに車座に座り、手づかみで食べているようです。そういえば、このあたりでは手づかみで食べるんでしたっけ。

ここは大部屋といったところでしょうか。カーペットの柄は何か意味があるのかな。

座卓があれば日本人なら違和感ないですね。慣れたら癖になりそうです。

携帯バッテリーの断続利用

デリバリー業務でスマホを使っているのですが、充電の再開の度にボタンを押さないと充電が再開しないのが不便です。

通常、スマホはホルダーに入れてます。移動中は常に充電状態にするために、充電ケーブルを使って充電しています。充電には携帯バッテリーを使ってます。

配達先では、充電ケーブルをはずし、スマホもホルダーからとりだして携帯します。

戻ったら、スマホをホルダーにセットし、充電ケーブルを接続。そして、携帯バッテリーのボタンを押し、充電を開始させます。

小容量の携帯バッテリーだと、ケーブルを接続しただけで充電は開始してました。が、バッテリーは数時間もたないので、予備と差し替えて使ってました。

10000mAHの携帯バッテリーが1000円ちょっとで買えるようになったので、購入。早速使い始めました。

バッテリー容量は十分です。一日余裕で持ちます。が、ケーブルの再接続の度にボタンを押さなければならないのが、とても不便だし、つい忘れてしまいがちです。

大容量の携帯バッテリーで、充電再開時にボタンを押さなくてもいいような携帯バッテリーは無いのでしょうか?

非接触で充電できるホルダーを使っても、スマホを一旦取り外すと、やはり携帯バッテリーのボタンを押さないと充電は再開しませんでした。こちらはケーブルの抜き差しはないので、待機電力か何かでボタン操作を回避する方法があればいいなと思います。