GIRO_D’ITALIA_2022

ジロ・デ・イタリア2022、今日は第6ステージ。

今年はハンガリースタート。その後シチリア島へ移動し、今日からイタリア本土でのレースです。

ジロに限りませんが、レースのコースをGoogleEarthにプロットし、ストビューとかGoogleMapの店舗情報とか探りながら旅行気分を味わってます。

今日は第8ステージのナポリ市内のコースをプロジェクトに追加してました。

ジロのコースマップは粗いので、具体的な道はよくわからないので、大体です。

ステージ1~8までのKMLファイルはこちらです。(アバウトすぎるし、間違っているかもです。)

ナポリといえばナポリタン。(←間違ってますが、まあどうでもいいでしょう。)

早速、レストランをチェック。

La Masardona ナポリ中央駅南のお店。ピザ店と表示されてました。

料理写真を見ると、何か変。

なんでも、揚げピザのお店だそうです。

メニューにdi Napoli e Montanaraの文字があるので検索。

Montanara napoletana モンタナラナポレターナ:ナポリの揚げピザ(引用元

揚げピザは、元々は屋台で出されていたものらしいです。

テイクアウトメニューかな。屋台っぽいかも。

このあたりはピザ店が多いです。

Pizzeria Porzio ピザ店です。写真付きのメニューが載ってました。

トマトとルッコラとブラータ(モッツァレラチーズ)? 8ユーロは1068円(133.5円/ユーロ)。

Mimì alla Ferrovia レストラン。Mimiは初代店長の呼び名らしい。駅前だからこの名前?

駅から600mほど。駅前広場(ジョゼッペ・ガルバルディ広場)がでかすぎです。その広場を過ぎ、路地に面した素朴なお店のようです。入口に色んなシールが貼ってあるところが、なんか安心します。ウーバーとかのシールもあるのかな?ピザが無いレストランじゃ、デリバリーは無いかな。

2022_Saudi_Tour

サウジアラビアで行われた自転車レースです。

公式HP

右図はルートを大まかにですがGoogle earthにプロットしました。(KMLファイル

砂漠のイメージしかないので、なんとなく滑りそうかなと思ってましたが、道路は真っ黒のアスファルト舗装のようで、周りの岩砂漠とのコントラストが奇妙に感じました

左はGoogleMapからアルウラ旧市街付近の遠望です。平原をイメージしてましたが山多いです。右は公式HPステージ4の掲載写真からです。路面の黒さ際立ってます。


旧市街にあるレストラン、「ACME」。ハンバーガーもありました。

お店のHPによると、真ん中の旗が立っているのは「ホーキングフライドポテト」というメニューらしいです。フライドポテト、肉層、ハラペーニョの層が重なっていて1550カロリーで39リヤル。1リヤルは30円くらいなので1200円くらい。

ハンバーガーは見た目、上面にツヤがあるので、「オールドファッション」でしょうか。チェダーチーズ、レタス、トマト、ピクルス、肉120グラムで820カロリ、41リヤル。

手前の右側の揚げ物は「ダイナマイト・シャルマブ6個入」エビのスパイシーなソースのフライ。1010カロリ、41リヤル。

三角フラスコみたいなグラスのジュースは「オレンジジュース」180カロリ19リヤル。

奥の丸い球体は翻訳だと「マックとチェイス」で、「パスタとチーズが豊富な3つのクリスピー、独特の部分」だそうです。490カロリ44リアル。

サラダは「シーザーサラダ」750カロリ33リヤル。

二次元バーコードが見えてますが、なんでしょうね。

近くのリゾートホテル「Al Maha Resort」の部屋です。

畳に座椅子って感じでしょうか。和室ならぬサウジ部屋?

レストランの写真を見ていると、テーブル席もあるけれど、ネットカフェのような背の低い壁で区切られたスペースの個室もあるようです。

個室の入口に靴が脱ぎ捨てられているのを見ると、靴は脱いで入るようです。スペースの割に靴が多いように思うけど、中はぎっしり人が詰まっているのでしょうか。

カーペットの上にプラフィルムのような物が敷いてあり、その上に皿が置いてあります。他のお店では、背の低い座卓のようなテーブルを使っている所もありました。お店によるのでしょう。

スプーンのようなものが2本刺さってますが、二人分がお盆に乗っているのでしょうか。ツッツキ合って食べるのでしょうか。彼女とかとなら良いけどむさ苦しい相手とはなんか嫌ですね。

上は「مطعم نبك العلا」というレストランです。翻訳ソフトだと「ナベックアルオラレストラン」音声合成では「またーもなっけろーら」と聞こえます。

食事風景の写真を探しました。カーペットに車座に座り、手づかみで食べているようです。そういえば、このあたりでは手づかみで食べるんでしたっけ。

ここは大部屋といったところでしょうか。カーペットの柄は何か意味があるのかな。

座卓があれば日本人なら違和感ないですね。慣れたら癖になりそうです。

JR飯田線_船町駅

なぜでしょう。今日配達で訪れてしまいました。

時間があれば立ち寄るつもりではいたのですが、たまたま配達でこの線路下をくぐることになり、ついでに立ち寄りました。

JR飯田線_下地駅

下地駅です。豊川の堤防道路沿いに入口があります。

名古屋鉄道と線路を共用しているので、ホームには停車はしませんが、名鉄の車両も通過します。普通は豊橋手前の伊奈駅で折り返しなので、普通はこの駅には来ません。

飯田線は一部の列車は停車しますが、通過する普通もあるので、要注意です。

駐車場がなく、駐輪場は堤防道路沿いにあります。

近くへ来たので、寄ってみました。次は船町駅だな。

JR飯田線_牛久保駅

ちょっと立ち寄りました。map

昼間は有人で夜は無人駅。だからベンチは撤去されたのかな?

電車通いの同僚と仕事帰りの待ち時間にベンチで缶ビール飲んでたのが懐かしいです。当時の夕方は誰も使ってないくらいに寂しかった。今はどうなのかな。私!?昔は少しくらいは飲んで運転シテモヨカッタノデスヨ。今は一滴でもダメです。


牛久保駅から豊橋方面(西)へ線路沿いに進み、掘割の大通りを越えた所の熊野神社

鳥居の目の前に飯田線。境内は分断されてます。もともと河岸段丘の上下の境に飯田線が轢かれているようなものなので、それ以前はどうなっていたのか興味あります。

すぐ横の踏切は車止め付きで車両通行止めです。車で行くのはやめましょう。とても狭い袋小路の先にあります。

地元だと今更なので、あまり立ち寄らないというか、興味が無かったりしますが、いい機会なので、たまには昔の思い出の場所に立ち寄ってみたいと思います。

お千代保稲荷へお礼参り

事故の後、やっと参拝出来るようになりました。

名駅からカリテコバイクでやってきました。

暖かかったです。電動自転車でちょうど1時間くらいで到着。(GoogleMap)

休憩をはさんで、往復2時間半。15時には名駅に戻りました。

帰り道、錦通側から広小路通の納屋橋方面です。この時間、雲が広がってきました。

ミラノ郊外のレストラン

六角穴加工(ロータリーブローチ加工)という記事を以前に書きました。

その時、イタリアのミラノ郊外にある、「ポリアンゴラー」という会社を紹介しました。

そこで今回、GoogleMapで旅行気分、その会社付近のレストランを探ってみました。

ポリアンゴラー社」から直線距離で約150mの距離にあるレストラン「Trattoria Boscaccio」(map)。ここのメニューを見てみます。

2017年12月14日の本日のメニュー、コロナ前だし古いけど、ま、いっか。

Ricco buffet di contorni a scelta comprfso NEL.
Prezzotuttl l menu fissi €10.00
・・・
Con il menu pizza e’compresa la birra media o la bibita in lattina

NELを含むお好みのおかずの豊富なビュッフェ。 すべての固定メニューの価格10ユーロ。ピザメニューにはミディアムビールまたはソフトドリンクの缶が含まれています。

NELはNFLかも。なんの事かな?。10ユーロ固定で、ピザにはビール中が付いてくるのか。安いのかな?現在のHPや通りに出ている看板をチェックすると、どうも今は違っているようだけど、昔のメニューって事で次。

Hamburger con trevisana e scamorza.

トレビサーナとスカモルツァチーズのハンバーガー。

このメニューの「トレビサーナ」は紫キャベツみたいな葉物野菜らしいのですが、いろんな種類があるようで、trevisana、trevisano、違うのか同じなのか?

palla rossaという紫のチコリーとは違うようだけど・・・

それに、ハンバーガーだから肉のパティはあるのかないのか?

似た料理、「Hamburger Stagionale con trevisana(トレビサナの季節のハンバーガー)」というものを発見。

紫の葉っぱとチーズと肉のパティだよね。こんな感じなのかな。

Diavola、Cottoというピザは、他のサイトの同名ピザだと

ディアヴォラピザについてはこちらに詳細がありました。

「Cotto」 は「調理済み」と翻訳されたけど、どういう意味なのでしょう。トッピングのItalian cooked hamが調理済のイタリアハムだから、とか。

ビジネスメニューとは何の事でしょう。

tagliere di formaggi misti
tagliere di crudo di norcia

tagliere は、まな板とかいう意味らしいので、板の上に乗っている「ミックスチーズ(formaggi misti)」や「生のノルチャ(crudo di norcia)」。ノルチャは地名で生ハムの有名な産地だから、生ハムのことでしょう。

お店の料理の写真から

Diavola Pizza(ディアボラピザ)、Hamburger con trevisana e scamorza(トレビサーナとスカモルツァチーズのハンバーガー)でしょうか。

tagliere di crudo di norcia(生のノルチャの盛り合わせ)、殻付きピーナッツもあるんですね。

ミラノ近郊からでした。